みんな、自作しようよ!

娘。系ハロDDがヲタTを作る

棚卸シリーズ モーニング娘。’19コンサートツアー秋 KOKORO&KARADA @郡山、南陽

行ってきました!郡山&南陽(山形)




というか久々の福島地元開催ですから、行かない訳がない。
南陽も初めて行くホールだし、東北中央道一本で行けるのもあり参戦。*1


先月の仙台からさほど時が経っているわけでもないので、基本的な感想は変わらないんだけど、この2日間はりおちゃんの欠席ですかね。大したことなかったようなので良かったんですけど、15期披露曲が2人になるってことで2人の頑張りにも期待したところでした。
ほまめいの二人はどの公演でも2人でりおちゃん不在を感じさせない位のパフォーマンスを見せてて素晴らしかったですね。


あと今ツアーで、これまでなんだかんだ言われてきた12期が完全に覚醒したツアーだと思っていて、3人とも歌割とかフォーメーション、決める部分なども増えてきてて、嬉しい限りなんですが、それでもやっぱり9期~11期の牙城はそうそう崩せるものでもないので、その覚醒具合を12期に注目してない人に分かりやすく知らせることは難しくはありますね。
こちらは鞘師卒後、’16で殆ど歌割もなくて、一公演でライトオレンジ何回上げたかなあ、からスタートしてるんで感慨深い。






そして、初のホールとなった「シェルターなんようホール」
これはもう単純にホールに興味があって参戦したよねw





完全木造ホールで世界最大。

めっちゃ気になってて。
ホールのレビューで音が良いってのがあったので、それも聞いてみたくて。

結果。

素晴らしい会場でした。本当に木造*2だし、木の香り漂うホール。
実際、音響も良かったと思う。素人だけど。音が柔らかい感じ?何となくだけど。

良かった。


あと無料駐車場が併設されているのも有難い。結構台数も停められるので車での遠征は捗る。開場前でもホール内のトイレも借りられるので安心だし、近くにコンビニ(ローソン)あるし、周辺に幾つか飲食店もあったので、朝から1日居ても問題はありませんでした。

難点があるとすれば、コンサート終わりで駐車場から車を出すのに恐ろしいほどに遅々として進まない事ぐらいですかね。
それでも、出来れば今後も娘。やらハロに使って欲しい会場でした。





【今回の戦利品①(郡山)】










この郡山で言えば、やはりここスタートのアイマスクですよね。
一応、物は試しと2つ購入。
出たのはえりぽんあゆみんのサブリーダーズ
この日であれば可能かと踏んでトレード。無事にあかねちんとよこやんを確保。使い道ないけどw

日替わりは、よこやんほまねちん。
そして、新Verの2Lは、ほまねちん。
ピンポス3も5枚購入して、生野羽北岡。
えりぽんはねちんとトレードして完了。自引きでねちんはあんまり出ないので嬉しい。そして、ほまりお出るのも推せって事かという。

【今回の戦利品②(南陽)】






昨日の今日なんで日替わりのみ。




【ご飯ととるのがいいと聞きました①(郡山)】




グッズ購入終わりに。ほんとは洋食にしようと思ったんだけど、お店お休みでラーメンに変更。
ボルドーのチャーシューめん。
あまり食べたことのないスープだったけど、美味しい。


【ご飯ととるのがいいと聞きました②(南陽)】




有名な龍上海も考えたが徒歩には遠いし、行列で時間かかるならと、公演に集中する為にも断念。
そこで、会場から1㎞程度にあった「囲ろり」に。
お昼だったので15分ほど待ったが、その程度であれば問題ない。
塩角煮ラーメンを選択。旨い。あっさりではあるけど薄くは感じなかった。角煮は期待したほどではなかったけどまあ美味しかった。
食べてから会場に戻るのに1㎞歩くのも腹ごなしにはちょうど良いか。





後、公演終わりでヲタもだちと中華。
ラーメンじゃないけど中華っていうw
麻婆丼と水餃子担々スープで。普通に美味かった。

*1:こちらは無料区間があるので郡山に行くより高速代が安いというメリットも。

*2:嘘なわけないけど

棚卸シリーズ モーニング娘。’19コンサートツアー秋 KOKORO&KARADA @仙台

行ってきました。仙台サンプラザ

私の秋ツアー開幕。
このブログでも書いてますけど、今年は前半8月までに現場数が多すぎましたw
しかも単価の高い*1バスツアーや落選祭りだったひなフェス、ロッキンも2日参戦など厳しい状況もあり、ここで秋ツアー開幕し、後の郡山、南陽で終了。


いやあ楽しかったですね。

セトリも良かったし(いつも言ってる)。
皆さんも言ってましたけど、どっちかというとBパターンが良いかなあ。
いくつか懐かしい曲やってくれてるの嬉しいですよね。

新曲2曲に関しては、「Unfair Baby」が好きです。何故これをシングルにしない?


いつも通りメドレー最高でしたし、このツアーの大きな見どころの15期の「好きな先輩」も最高でした。
3人とも逸材過ぎる。


まだ、ツアー毎に歌割やら増し続けてるあかねちんを推すのは楽しい。
今回も大活躍でした。
ロッキンで集大成を魅せた14期までのメンバーには貫禄めいたものすら感じますし、自分達も楽しむ事が溢れ出てて、それだけでもお腹一杯になりますね。

その精鋭達に喰らい付いて行く15期3人が素晴らしいなあと。

勿論、細かい事を言えば、3人共にまだ良くなる部分はあると思うし、それは伸び代でもある訳で。

で、そんな中で、今回のハイライトは、15期のMC。
だーさくほまめいの4人MCでのほまちゃん。

YOUTUBEで お ね え さ ま 方の パフォーマンスを観て勉強してます」

お  ね  え  さ  ま  !

お   ね   え   さ   ま   !

会場騒然としたよねw

勿論、だーちゃんもさくらも腰砕けてたし。

様々な方面の扉が開いた瞬間でした。

それにしても、日に日にヲタを落としていくほまちゃんの恐ろしさよ。

いや、かくいう私も15期お披露目イベで、15期はほまちゃん推しと相成ったヲタですが凄い。

本人の天性のものなのか、計算なのか、親御さんも含めた作りこみなのかwが分かりませんが、こういうのは素直に流された方が楽しい事は十分に知っていますので、私は「ほまたん優勝」と生田パイセンばりに、馬鹿な感想を連ねて行こうと思います。


【今回の戦利品】





ヴィジュアルブックと日替わりとか2Lとかピンポスなど。
あかねちんだけじゃなくてほまちゃんも買うと恐ろしくお札が飛んでいきます。助けて下さい。



【ご飯ととるのがいいと聞きました】

今回もベタに牛タン。サンプラザ近くっていうとこうなっちゃう。美味しいけど。

*1:ただし実質無料の

ハロプロ楽曲大賞2019投票しました

もう今、実際順位発表してる段階でw、このエントリーというw

そもそもタイムリーとは対極にいる人間なんで気にしませんが、一応今年のうちにアップしておこうという事で。

f:id:horseplayer:20191231020507p:plain


今年は早速投票曲を。
勿体つけるほどでもないなっていうw

投票曲

<楽曲部門>

1位 3.0 都営大江戸線六本木駅で抱きしめて / CHICA#TETSU from BEYOOOOONDS
www.nicovideo.jp
公式上げてくれよもう

 今年はBEYOOOOONDS曲が強すぎる中、今年もっとも聞いたこの曲を1位とした。
 カントリー・ガールズの「愛おしくってごめんね」を髣髴とさせる、ど真ん中ど直球のアイドルソング。それでも、リーダー?のいっちゃんの鉄ヲタ成分を凝縮したようなコンセプトに甘々なラブソング成分を絶妙にブレンドしたことで、ただのアイドルソングとは一線を画した新たなラインの楽曲となった。
 新世紀ミュージックでハマ君も言及していたが、いっちゃんにはこの曲も引っ提げてタモリ倶楽部への出演を切に願いたい。



2位 2.5 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの? / Juice=Juice
www.youtube.com

 Juice=Juiceの新機軸ともいえる新たなクリエイター「山崎あおい」の作詞作曲で、うたコンやロッキン出演時にも大いにバズって新たなリスナーを獲得した。曲の素晴らしさは言うまでもないが、ハロのレアルマドリードともいうべき、歌姫たちが寄ってたかって歌唱力でぶん殴ってくる恐ろしい曲。
 新メンバーも含めたNewVocalVerの制作は話題となったが、やはり歌い出しのちゃんさん、落ちサビのるーちゃんなどオリジナルの衝撃には及ばない。



3位 2.0 眼鏡の男の子 / BEYOOOOONDS
www.youtube.com

 昨年の発表から現在まで、BEYOOOOONDSの快進撃を象徴する楽曲。アルバムの楽曲にまで連なる「眼鏡サーガ」の始まりの曲。
 寸劇からシームレスに楽曲に入っていく流れや最後のオチまで様々な要素をこれでもかとぶち込んでいるにも拘らず、ひとつの曲として成立しているのも驚き。
 更に、中心メンバーの発表時に語られた「何のこっちゃさっぱり分からなかった新セクションのコンセプト」も完全に回収するという離れ業で唸らされる。
 また、コミックソングでありながら、何度聞いても飽きがこないのはメンバーの高いパフォーマンスによるところも大いにあると思う。


4位 1.5 ニッポンノD・N・A! / BEYOOOOONDS
www.youtube.com

 TKサウンドをオマージュした本作は、昨年のDA PUMP「U・S・A」に対するアンサーソングとも言え、「D・N・A!」コールでは毎回盛り上がること不可避。
 先日の「LIVE BEYOOOOONDS 1st」でもオーラス曲として大いに盛り上がった。
 そこにBEYOOOOONDSらしさとして、間奏に未成年の主張を挟む楽しさ、落ちサビからのフォーメーションや歌の展開も素晴らしすぎる。今年アイドルフェスなどで眼鏡、ウエストと共に非ハロヲタ界隈にも話題を提供した。


5位 1.0 元年バンジージャンプ / BEYOOOOONDS
www.youtube.com

05:11~
 「グループの1stアルバムに外れなし」の格言通り、というかそれ以上の衝撃をもたらした「BEYOOOOONDS 1st」からは悩んだ挙句こちらをチョイス。
 ハロヲタが大好きなファンク曲である事に加えて、グループのコンセプトでもある「令和のアイドルグループ」として令和元年を強力にフィーチャーした歌詞。
 その中でも秀逸な「何したってアニバーサリー」やキャッチーな「だって元年なんだもん」など必殺の歌詞の連発で楽しませてくれる。
 「眼鏡サーガ」では主人公、夢羽の後日譚となっており、彼女がまだ眼鏡の男の子を引きずっている事が描かれている。



今年もすんなりなんて選べない訳で、次点候補についても簡単に

次点

・青春Night [モーニング娘。'19]
初披露からみんな大好きなファンクチューン。例年なら投票候補だったが…

・I surrender 愛されど愛 [モーニング娘。'19]
ハードなロックでロッキンの舞台でも輝いた。落ちサビの「ありえない!」はブチ上がる

・恋してみたくて [モーニング娘。'19]
可愛さが大渋滞する楽曲。この曲の時だけでもソロアングルが復活して欲しい。

・微炭酸 [Juice=Juice]
山崎あおいワークス第一弾。サビの「微炭酸しゅーわしゅーわ」のキャッチーさは強力。まなかんフィーチャーが新鮮でもある

・One Summer Night ~真夏の決心~ [カントリー・ガールズ]
4人カントリーの良さが詰まった曲。奇しくも、4人の旅立ちも彩ってしまうのが悲しくもあって。

・弱気女子退部届 [カントリー・ガールズ]
やなみんの卒業曲。遠い昔に思える…「私辞めます」っていう歌詞で前向きな歌って凄いなって思う。恐るべし雨子。

・恋のおスウィング [BEYOOOOONDS]
眼鏡サーガの1曲。お嬢様風のお嬢様、島倉さん視点の物語。島倉さん(劇中)の本性が現れてからが本編。まさかのスウィングジャズも楽しい。

・高輪ゲートウェイ駅ができる頃には [CHICA#TETSU]
鉄道シリーズ第2弾。旬な高輪ゲートウェイが題材っていうのも心憎い。そして、一岡豆知識の「どんな名前でも耳に馴染んでくるものよ」の説得力たるや…

・We Need a Name! [平井美葉、小林萌花、里吉うたの]
まさかのオンリーユー組の楽曲で、ライブでの茶番劇も含めて3人の逸材ぶりも再認識させられる。名前がないことを自ら煽りに行くスタイル。嫌いじゃない。っていうか好き。

・Go Waist [BEYOOOOONDS]
カバー曲ではあるが、殆ど原型留めてないのが酷い(褒めてる)。シングルの他の2曲に見劣らない傑作


<MV部門>

1位 3.0 眼鏡の男の子 / BEYOOOOONDS
www.youtube.com
 楽曲発表時から衝撃をもって迎えられた本作だが、MVの内容もまた衝撃的だった。寸劇時の漫画の枠を自ら持ちながらの作り、ホームや列車を借りて行われたパフォーマンス部分も話題となり、更に、撮影時のメンバーがGoogleMapのストリートビューカメラに撮影されるというミラクルまで付いてきて、まさに、「持ってる」MVでもあろう。


2位 2.0 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの? / Juice=Juice
www.youtube.com
 楽曲の世界観にマッチしたディレクションとメンバーの迫真の演技が、楽曲の強さと共に相乗効果を生んで何度でも観てしまうMV。


3位 1.0 Go Waist / BEYOOOOONDS
www.youtube.com

 恐らく、「WEST」と「WAIST」を掛けるという1点で作成されたであろう本曲だが、それをMVという形で徹底的に遊び倒したところが素晴らしい。
 アメリカの80年代から90年代を思わせる通販番組の作りでエクササイズを表現するアイディアに呆れた(褒めてる)。
 その中でも愁眉なのは、やはり、「サヤーズBOOTCAMP」であろう。描かれた腹筋や「おつかれしゃーした」も含めバカバカしさが凄まじかった(褒めてる)。

次点

・青春Night [モーニング娘。'19]
どてらちぃちゃんの破壊力

・恋はアッチャアッチャ [アンジュルム]
やはりあやちょのウエディングドレス。本人が望んでるかどうかは別として、あやちょの旅立ちに相応しいとも思う。

・25歳永遠説 [Juice=Juice]
ゆかにゃの卒業の朝を切り取ったMV

・One Summer Night ~真夏の決心~ [カントリー・ガールズ]
カントリー最後のMVになってしまった。良い映像だし投票したかったが…
爽やかな夏の1日を切り取った曲そのままに切なさも感じる本当に素敵なMV。

・ニッポンノD・N・A! [BEYOOOOONDS]
普通に考えて投票しなきゃいけない曲だが、他が…
曲の印象を更に強化する勢いのあるMV。

・アツイ! [BEYOOOOONDS]
さまざまな過去の洋楽邦楽のMVなどからのオマージュが過ぎるMV。当の本人達はほぼほぼ知らないものばかりをおっさん達が寄ってたかって作った(と思われる)。有志のの作った元ネタ解析した動画も楽しかった。


<推しメン部門>

鞘師里保
f:id:horseplayer:20190404100115j:plain
華麗に復活した今年。
ひなフェスでの伝説的な帰還。打ち震えました。
その後のまさかのBABYMETALにアベンジャーズとして電撃参加した事は、アイドル界隈を超えて話題となりました。
またこの事件でハロヲタとメイトの交流や兼ヲタ化も起こり、メンバーだけでなく、ヲタのクロスオーバーまでも起こすのは流石鞘師だなと勝手に悦に入っている今日この頃です。

まとめ

今年に関しては、とにかくBEYOOOOONDSが強すぎました(私の中ではね)。
発表曲全部が素晴らしくて、絞り込むのが超絶大変でした。「LIVE BEYOOOOONDS1st」も素晴らしかったですしね。
来年どう展開していくかがこれまでのグループとも大きく違うので、更に難しいとは思うんですが頑張って欲しいですね。

アンジュルムやこぶしもアルバム出て、それらの曲も良かったんですけど、枠がない(私の中ではね)。
娘。やつばきはリリース自体が少な過ぎました。それぞれ良い曲はありましたけども。
Juiceに関しては、もう「ひとそれ」一発でフルスイング。それはそれで良かったと思います。ロッキンやうたコンでもブチかましましたしね。
そしてラストのカントリー。活動自体が縮小される中、良曲と思うんですが、曲よりも境遇とか感慨とかそっちに引っ張られてしまって投票には至りませんでした。ラストライブ良かったですね(私はLVでしたが)。
愛理の髭男コラボは良かったと思いますし、今後も続けて欲しい。結構刺さる層ありそうなんで。




最後に一次先行も一応置いときます。

ファーストチョイス

<楽曲部門>

モーニング娘。'19】
・青春Night
・I surrender 愛されど愛
・恋してみたくて

アンジュルム
・夢見た 15年
・私を創るのは私
・I 無双 Strong!
・赤いイヤホン

【Juice=Juice】
・微炭酸
・ポツリと
・Good bye & Good luck!
・「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?
・永遠に君を想う

カントリー・ガールズ
・One Summer Night ~真夏の決心~
・夏色のパレット
・弱気女子退部届

こぶしファクトリー
・Oh No 懊悩
・Come with me
・好きかもしれない
・亀になれ!
・ドカンとBREAK!

つばきファクトリー
・ふわり、恋時計
・ナインティーンの蜃気楼 ('19 Summer Ver.)

【BEYOOOOONDS】
・眼鏡の男の子
・ニッポンノD・N・A!
・Go Waist
・文化祭実行委員長の恋
都営大江戸線六本木駅で抱きしめて [CHICA#TETSU]
・OOOOOVERTURE
・アツイ!
・高輪ゲートウェイ駅ができる頃には [CHICA#TETSU]
・We Need a Name! [平井美葉、小林萌花、里吉うたの]
・そこらのやつとは同じにされたくない [雨ノ森 川海]
・きのこたけのこ大戦記
・恋のおスウィング
・元年バンジージャンプ
・恋愛奉行
・伸びしろ ~Beyond the World~

道重さゆみ
・絶対彼女 feat. 道重さゆみ

鈴木愛理
・Escape
・IDENTITY
・Break it down

<MV部門>

モーニング娘。'19】
・青春Night

アンジュルム
・恋はアッチャアッチャ
・夢見た 15年

【Juice=Juice】
・微炭酸
・Good bye & Good luck!
・「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?
・25歳永遠説

カントリー・ガールズ
・One Summer Night ~真夏の決心~

こぶしファクトリー
・Oh No 懊悩

つばきファクトリー
・ふわり、恋時計

【BEYOOOOONDS】
・眼鏡の男の子
・ニッポンノD・N・A!
・Go Waist
・アツイ!

棚卸エントリーVOL.7 モーニング娘。 15期お披露目イベント

棚卸シリーズです。

行ってきました!
8/27モーニング娘。15期FCイベント。

楽しかったですねえ。

メンバー決定の配信やらその後の各種動画なんかを観てても十分に感じてましたが、実際に観ると3人とも逸材だなっていう印象でした。

勿論、北研だっためいちゃんは前から知ってましたけど、一般からの合格コンビが、*1歌ダンスといったパフォーマンスの部分以外でも「これは合格するわ」と言える素晴らしい人材だなと確信できる場となりました。


3人で答えを合わせるコーナーで頑なにずらしてくるりおちゃんにバラエティ能力の一端を見ましたし、好きな文房具について眉間に皺寄せながら熱弁するほまたんに同じ文具ヲタとしてシンパシーを禁じえませんでした。二人とも中々に奥の深さを感じさせられました。

そして、知ってはいたけど、終始パンダさんパワーで様々に対応するめいちゃんにもまた得難い才能を感じました。

で、このイベントでは、総合司会のえりぽんとメンバーサポートのよこやんが居たんですが、二人がちゃんと新メンバーを盛り上げるように導いてるのを観てるだけでも感慨深いものがあります。

えりぽんは自身のお披露目イベントで道重メンバーwに泣かされてしまうハプニングからはや8年。MCで甘噛み連発はしてもwちゃんと3人をフォローしながらイベントを進められてて良かったですね。

そして、メンバーを終始サポートしていたよこやんも、新メンバーが答えを揃えられなかった際の罰ゲームを被る様は素晴らしかったし、時折、サブリーダーにナチュラルにタメ口になるのも面白かったです。


数曲披露するのも期待してたんですが、今回はなし。
流石にオーデ組にそこまでの対応は難しかったのかなとも思います。
まあ、それから大分経った未来で書いてますんで、現在の秋ツアーで3人ともフレッシュながら懸命にお姉さま方()に喰らい付いて行っている姿を観たものとしては、純粋にフレッシュな新メンバーをただただ愛でるふんわりイベントとして楽しめました。


【ごはんととるのがいいと聞きました】




えーとこれは前日に食べたんですけどw、山野ホール近くなんでいいかなっていうw
そもそもこの15期イベの参加メンバーのFSK持ってないっていうね。
なんでふなちゃんで勘弁して頂いて。
ラムのレアステーキが美味しゅうございました。

【今回の戦利品】

写真のみ。
ほまちゃん中心の購買となった。

*1:当イベントでは歌ダンス等の披露はなしだったので

ROCK IN JAPAN FES 2019総括<フェス対策編>

f:id:horseplayer:20190810065415j:plain

というわけで、ハロプロ以外の観た聞いたアーティストに関しての軽い感想と、フェス参加に関するTIPSに関しての覚書。

昨年に続いての参戦となりましたが、昨年は1日(8/12)のみ。今年は4日と10日の2日参戦。
そもそもフェス自体昨年が初参戦だったし、体力やらある方でもない若くもない身としては、昨年の参戦実績からの準備等アップデートは必須という事で色々と行いました。


昨年、モーニング娘。’18のアクトが終わった時点でもう足が限界を向かえていて、大変難儀をしたので、まずはこの部分についての対策。
また、それ以外にも一日過ごす中で気になる部分、役立ったものなどを列挙します。

・靴
 昨年は通常履き慣れたスニーカーでしたが、普通のタウンシューズだったので、かなり足が痛かったですね。ということで、今回はウォーキング、若しくはランニングシューズを考えて用意しました。

 ま、ブランドとか気にせずに探したんですが、たまたまアウトレットで安かったのと試し履きしてフィットしたので決定。
 んで、これまで普通に蝶結びで紐を結んでたんですが、これを機にしっかりした結び方とか学んでみようと検索して、「ほどけない結び方」でヒットした「イアンノット」を習得。
 簡単かつほどけないし、結んだ形も綺麗なので、もう蝶結びには戻れない。
gigazine.net



 更に、靴を新調してますんで、靴擦れも気になるところ。買ったのがロッキンのひと月前位なのでしっかり対策を取りたいと検索。
「Loop Racing Lock:ヒール・レーシングロック
spaicy.jp

 が、ヒットしたのでこれも採用。これも難しくないし、本当に靴がフィットしてずれないのでランナーじゃないけど、これは良いと思う。

 靴に関してこれでOK。後はロッキンの日までなるべく履いて慣らしました。

⇒結果
 結果的には、終始足に痛みはないし、軽くて歩きやすかったです。足裏の感触もダイレクトに感じられて、流石ランニングシューズですね。上記の結び方も奏功したのか、紐がほどけることもなかったですし、靴擦れも全くありませんでした。


・メタックスローション
www.phiten-store.com


 わたしはそもそも足が攣りやすい体質でライブでがっつり暴れた夜なんかにはかなりの確率で攣って絶叫したりしてたんですね。で、普通の人が攣る足の裏などは、攣ったうちに入らない位に、ふくらはぎや太ももが攣ることが多かったんです。
 現に、昨年のロッキンでも最後のサザンを遠目に眺めている時にもう限界で太もも、ふくらはぎが痙攣起こして大変でした。
 なのでスポーツ用品店で色々物色しているうちに見つけたこれに注目しました。

 ふれこみでは筋肉の疲労などに効果があるという事なので、肩凝りやらにも効きそうだし、ダメ元で買ってみました。
 事前に肩や首に塗ってみて、嫌な感触でもないし、どこまで効果があるのかは分かりませんが、プラシーボでも意味はあろうという事で、持って行きました。

 ⇒結果
 2日間ともにハロのグループの後には、着替えした際にふくらはぎには丹念に塗りこんでました。そのおかげか、4日も10日もふくらはぎは痙攣や攣ることはありませんでした。しかし、流石にハーフパンツをめくって太ももに塗るのは憚られたので塗らなかったのですが、10日の夜、最後のBUMP終わりで帰る際にちょっと横の人にカートに接触した際に太ももに来ましたピリッと。何らかの方法で塗っておいた方が良かったんでしょうね。
 帰ってから風呂で疲れを取った後にしっかり塗りこんだので、がっつり攣るまでには至りませんでした。
 ※個人の感想です。これらの効能があるかは正直分かりません。


・RAKUWAネックレス
www.phiten-store.com


 羽生結弦選手やプロ野球選手が使用していて、以前から気にはなっていたものをスポーツ用品店で発見。ただし、首回りの太いw私には使えないサイズしかなくて断念したものが、いつも使っている大きいサイズのお店に長いサイズの物があったので購入。
 試しにつけてみました。*1

 ⇒結果
 体調を整えるとかなんとかは正直分かりませんでした。
 ただ、酷い肩や首の凝りが多少改善している気が、します。また、ここ最近上がり辛かった左肩*2がしっかり上まで上がるようにはなりました。右手はいつもキンブレ振ってるんでw大丈夫だったんですがね。
ということで、何か期待した部分とは違いますが、何がしかの効果はあったように思われます。



・制汗剤
 これはもうおっさんとして、最近感じざるをえない問題でして、気をつけてはいるけども出てくるものは避けられない。とは言え、周りの人に迷惑かけるのは本意でないので、これまでも色々やってきてました。*3で、制汗剤ですが、これまで脇や首に塗るロールオンタイプを使ってたんですが、物色してる中で、スプレータイプで体だけでなく頭髪にも使えるタイプがあって。加齢臭というかミドル臭の原因の一つに頭皮というか後頭部もあるので購入。

 ⇒結果
 流石に一日中汗かきまくりの状況では、完全に無臭とは行かないかもしれないけど、周りに迷惑になるほどには臭わなかったのでは、と評価。
 ま、こまめな着替えとウェットシートでの体のふき取りもあったとは思いますが、一定の成果と言えるでしょう。


・メンズファブリーズ
 これも匂い対策。デカいスプレーではかさばるので、モバイルスプレーに移し替えて持って行きました。

 ⇒結果
 どこまで効果的だったかは分かりませんが、一応こまめに着ている服に掛けてました。実際そこまで臭わなかったので効果ありと判断します。


・日焼け止め
www.kiribai.co.jp


 昨年参戦する際に友人に勧められたスプレータイプで冷感効果もあるものを使用し、非常に良かったので今年も使用。

 ⇒結果
 泡で出てきて塗りこむとしゅわしゅわとして体感温度下げてくれるし、乳液とかと違って白くならないし、いつまでもベタベタしてないので気持ち悪くない。今年も大活躍しました。
 そうは言っても塗ったそばから汗で流れ落ちては行くのでこまめな塗りこみは必要ですね。10日には塗る回数が去年より少なかったのか、若干焼けました。でも全然気にするレベルではなかったので優勝。



・虫よけカラビナ
 去年は持って行かなかったんですが、虫刺されも避けたいところで、今年導入。
 主よけ効果のあるペレットをカラビナのついたキーホルダーに入れるもの。私はハーフパンツのベルト通しに下げてました。

 ⇒結果
 結局、2日とも虫に刺されませんでした。まあ、そもそもそれほど刺されやすい方でもないんで、たまたまかもしれませんが、邪魔になるものでもないので、有用ではあるでしょう。とても刺されやすい人にどれだけ効果があるかは不明ですが。


・帽子
フェス対策のブログ何かを見るとつばの広いものをお勧めしてたんですが、頭がデカいwのと似合わないので、キャップ。
炎天下の直射日光の当たるところに長時間いると後頭部等にダメージは感じますね。
フードタオルやフードのあるパーカーなんかがあれば問題ないかと。普通にタオル被ってても良いんですが。


・サングラス
普段使わないので、安物をアマゾンでポチッたやつ。
度が入ってないものだから、さほど使えない。本気になるときは通常装備の眼鏡になるし。
でも、移動中とか炎天下で掛けてると疲れは防げるとは思うので安いものでも1本用意した方が良いかなとは思いますね。



【番外編】落し物

あとこれは装備とは関係ないんですが、今回4日の帰り際に財布を落とすというチョンボをしてしまったので、その点について書いておきます。


疲れたのもあって早めにバスに戻って休もうと考えて19:30過ぎ位にクロークに戻って荷物を出そうとポケットを探ったところ、ない。
札入れには紙幣とともにクロークの預かり証、クレジットカード、免許証が入ってたので、青くなりました。

最後に財布を使ったのは、アンジュルム終わりでぱくぱくパーク内のお店でルーロー飯を買った時。それ以後使ってはいないものの、どこで落としたかははっきりしません。
行動を整理。
「ぱくぱくパーク⇒LakeSTAGE⇒トイレ⇒クローク」
どこでも可能性はあるし、移動中も否定出来ない。ちょっとだけパニックになりました。

まあまだバスの発車時間には時間があるので、何とか冷静に考えて、まずは最も可能性が高いぱくぱくパークへ。

しかし、もうこの時間。花火打ち上げの為、封鎖されている!

近くにいるスタッフさんに声をかけて聞いてみるが、スタッフの中でも、職責が様々で、何人かに聞く羽目に。一応、敷地の中のスタッフに確認してもらってもないとの事。
で、近くのチーフ的なスタッフに聞いてみると、GRASSゲート横のインフォメーションセンターで対応しているのでそちらに行くよう指示されました。

個人的には、Lake側の可能性も捨てきれなかったので、電話で聞いてみたかったんですが、直接行ってくれとの事だったので、素直にGRASS方面へ。

じりじりしながら向かい、インフォメーションセンターで財布を落とした旨、財布の特徴を言うと、出てきました。良かった!個人情報確認の上、返却されて一件落着。

で、念の為どこで落ちてたか聞くとやはりぱくぱくパーク。
お店で買って、芝生の上で食べた後、エリアが封鎖されるので出て下さいと指示されて、慌てて出た際に、落としたんでしょう。

札も含めて何も無くなっていなかったんですが、幸いにもすぐにエリアが封鎖されたので、スタッフが拾ってくれた模様。ラッキーでした。
一安心でしたが、十分気を付けないとと思いました。反省。


それにしても、ロッキンのシステムは伊達じゃないです。
20年の経験も大きいのでしょうね。

昼は分かりませんが、少なくとも夜にはGRASS側で一括で管理しているようなので、落し物した時はGRASS側インフォメーションセンターに行きましょう。

*1:人生初のネックレス着用w

*2:四十肩w

*3:ちゃんと洗濯した衣服を着るとか、体を清潔にとか、制汗剤とかね