読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな、自作しようよ!

娘。系ハロDDがヲタTを作る

モーニング娘。13期メンバーを迎えるにあたって

本日の武道館公演にて、ついにモーニング娘。13期メンバーが発表されます。
募集発表から、色々取り沙汰されてますが、発表される前に、自分のスタンスを提示しておこうという感じです。


まず、前提として、誰が選ばれても歓迎するし、これからの娘。人生を応援する事は間違いありません。


募集開始から先日の合格者が研修生のみのアナウンスも含めて、毎度毎度騒がしいですねw
ある意味注目されてるって事なんだろうけど、時々我慢出来ないぐらいイライラする事もあったり。まだまだ悟りへの道は程遠いなと痛感します。

今日新メンバーが発表される訳ですが、発表されたらされたで、またやいのやいの言われるんでしょうねぇ。( ´Д`)y━・~~

一般の方、もしくは、外部アンチの方については、正直何言ってくれても問題ありません。そんなもんだろうなと思うので。

問題はハロ内の方々。
これもほっときゃ良いんだろうけど、何か言いたいw


ここ数年、多分プラチナ崩壊後だと思うけど、プラチナ厨というかスキル厨というか、そんな人達からの風当たりが強い訳です。

ハロプロ、特に娘。に関しては、そもそもメンバー選定においてはスキル必須ではないんですがね。

他のグループとの対比として、スキルが高いなどの特徴を上げてたヲタが自分で振り上げた拳を下ろせなくなるから叩いてんのかなとか思います。

ハロプロの本質はスキルが高い、ではなく、真摯にパフォーマンスする事にあると思っていて。
上手い人も下手な人もそれぞれに真摯に向き合う、そこに感動するし、応援したくなる、なんじゃないんですかね。
だから、この前より歌がダンスが上手くなってるな、って気付くと嬉しいし、もっと頑張れと思う。
うまい子も下手な子もそれは個性です。

ましてや、モーニング娘。は常に加入卒業を繰り返します。破壊と創造が繰り返されています。
その中で現メンバーが真摯にパフォーマンスを行う。
そこにスキル云々だけで批判する事に、建設的な意義を私は見出しません。

だいたい、ハロプロ内で娘。がトップクオリティだった時代なんて、プラチナ時代の一時期ぐらいで。
それまで、あやややら太シスとかいた訳で。
プラチナ崩壊後、ベリキューが完成度で上に来るのも当然だと思うし。
アンジュルムを除いて、基本結成時のメンバー固定で成長し続けますし、アンジュルムについても基本研修生によるユニットであり、ある程度の下地を持ったメンバーを招集しているグループで。


ん?
何を言いたいかと言うと、どんな子でも大歓迎。
仮にその子がスキルフルな娘。であれば、現メンバーとのハーモニーを早く聴かせてほしいなぁと思うし、歌やダンスが拙い子であれば、じっくり成長するのを楽しみにしたいと思う。


ここで気を付けなければいけないのは、
「何で◯◯じゃないんだ!」
等の発言。誰も得しません。
加入した子も◯◯と名指しされた子も。


先日、小田ちゃんは「合格したのは運」と言ってました。
勿論謙遜もあるでしょうが、これは真理だと思う。

我々はいつもks事務所と言ってるし、アップフロントのセレクトが全て正しいとは思いません。
でも、それも含めて「運」ですよね。

◯◯より△△の方が上手いとか関係ないんですよ。
アップフロントの基準やその時求めている人材は刻々と変わります。その中で選ばれるかどうか。

当然、選ばれなかったからといって劣っているわけではない。次の機会を待つか、別の選択肢、他事務所を選ぶか、それはその人に委ねられている。


その中で、華やかではあるけれど、背負わされるものも多いモーニング娘。のメンバーになる事を覚悟した新たな娘。を私は心から歓迎します。